相続放棄をした場合、お墓はどうなってしまうのか?





   メール相談




     相続とは

     相続人になる人

     相続の割合

     相続税について



     相続登記とは

     相続登記の流れ

     必要書類

     相続登記の費用



     相続放棄とは

     相続放棄の期間

     必要書類

     相続放棄の費用



     遺言の基礎知識

     遺言書の書き方

     公正証書遺言

     遺言作成の費用
よくある質問
各種手続費用
事務所案内
アクセス方法
お問い合わせ


携帯サイト



  

 
司法書士・行政書士榎本事務所


〒451−0042
名古屋市西区那古野二丁目
18番7号
TEL 052−589−2331
FAX 052−589−2332
mail info@enomoto-office.jp

<営業時間>
平日AM9:00〜PM6:00

<アクセス方法>
名古屋駅より徒歩8分
国際センター駅より徒歩5分



  
   大きな地図で見る



<代表者>
  
  司法書士榎本剛

榎本 剛(えのもとたけし)
愛知県司法書士会第1409号
愛知県行政書士会第5318号



  


お問い合わせ先



  相続コラム

  



  トップページ > 相続コラム


      相続放棄をした場合、お墓はどうなってしまうのか?


2017年12月14日


相続放棄をした場合、相続放棄をした者は最初から相続人ではなかったものとみなされます。


そのため、相続放棄をした場合には、借金など負債を一切相続しない代わりに、資産も相続することができなくなります。


では、亡くなられたご家族のお墓や仏壇、位牌などはどうなってしまうのでしょうか?。


お墓や仏壇、位牌などは祭祀財産(さいしざいさん)と呼ばれ、相続財産には含まれないとされています。


したがって、仮に相続放棄をした場合であっても、亡くなられたご家族のお墓や仏壇、位牌などを引き継いだとしても問題はありません。


また、相続放棄をする前に祭祀財産を引き継いだとしても相続財産には含まれないため、相続を承認したことにはなりません。




  祭祀承継者の決め方


  お墓や位牌などの祭祀財産を引き継ぐ人を祭祀承継者といいます。

祭祀承継者には資格や制限はありません。そのため、法定相続人や親族以外が祭祀承継者になっても問題はありません。


祭祀承継者の決め方として、まず被相続人が祭祀承継者を指定している場合には、その意思が優先されその者が祭祀承継者となります。


被相続人による指定がない場合には、慣習によって決められます。例えば、長男が承継する慣習になっているなら長男が祭祀承継者となります。


被相続人による指定も慣習もない場合には、最終的には家庭裁判所の審判により祭祀承継者を決定します。










                                                            
                                                            
      >> 前のページ                                              

       


   




    

| トップページ | 基礎知識 | 相続登記 | 相続放棄 | 事務所案内 | お問い合わせ | サイトマップ |